top of page
アートボード 22.png

お知らせ

男女で見え方が違う!? 色彩認識能力の違い

なんとなくわかる気がする・・・男女の認識力の違い!


こんにちは、グラフィック事業部の渡辺です。

前回ご紹介した「色彩感覚チェック」、みなさんの色彩感覚の評価はいかがでしたか?

色の見え方は個人によって異なりますが、実は男女で色の認識にも差があることをご存知でしょうか?

今回は男女の色の認識に関する興味深い情報を見つけたので、それを共有させていただきます。

以下の画像をご覧ください。



この画像は、男女間の色彩認識の違いを示すもので、男性には7色に見える虹が、女性には29色に見えるという差を表現しています。

女性は色彩を29色に識別でき、男性よりも詳細な色彩を捉えていることが示されています。

このような差異には、男女の脳の色彩情報処理において違いがあることが影響しているとされています。

たとえば、同じ対象を見ても、女性は色の識別力が高く、男性に比べて「黄色」「緑」「青」などの色を細かく認識している傾向があります。



男性は一般的に「オレンジ」のような色が女性に比べて赤みがかって見えるなど、暖色寄りの色彩を感じやすいとされています。

このように、同じ情報を受け取っていても、男女でその情報を処理する方法が異なるため、色彩の見え方に差が生じるのです。

女性向けの製品や広告では、カラフルな色使いや微妙な色の違いが重要視されていることが多いのも、この差異に関連しているかもしれません。

女性のこだわりは、男性には理解しにくい部分もあるかもしれませんが、個々の感性が異なることを理解することが大切です。

男女の色彩認識力の違いだけでなく、風景やスポーツを楽しむ際の楽しみ方も男女で異なります。

女性はゆっくりと風景を楽しむことに傾向があり、男性はより早く飽きる可能性が高いとされています。

それに対して、男性は動体視力が高いため、動くものを捉える力に優れ、ゲームやスポーツを楽しむことが得意です。

このように、男女間で感性や興味の対象に違いがあることを理解し、それに合わせて広告や商品開発を考えることが大切です。



いかがでしたでしょうか?男女の色彩認識力の違いに関する情報を通じて、新たな視点が得られたことでしょう。

Comments


アートボード 22.png

ご利用ガイド

bottom of page