top of page
アートボード 22.png

お知らせ

とっても簡単!季節を伝える配色〜秋の配色編〜

色彩の知識はないけど・・・秋っぽくしたい!

こんにちは。

こちらはグラフィック事業部の担当です。

炎暑も去り、寒さや暑さを気にせずに快適に過ごせる一年で最も心地よい 季節、秋がやってまいりました!

今回は、春夏に続いて、秋のイメージを色を通じて簡単に表現できる方法をご紹介いたします。

秋のキーワードを色で表現してみましょう!秋には、「食欲の秋」、「スポーツの秋」、「読書の秋」など、秋を連想させる言葉がたくさん存在します。これらの「秋」の要素を色を使って表現してみましょう!

秋は春や夏とは異なり、より穏やかで落ち着いた色調を特徴としています。その中でも、グレイッシュトーンとダークトーンは、深みのある温かさと落ち着きを感じさせる色合いです。秋には枯葉や紅葉、木の実などのイメージが浮かび、低い明度と彩度を持つ配色が一般的です。

秋の雰囲気を表現するために、茶系の色合い、濃い赤、中から低い彩度の緑やオレンジを組み合わせると、秋らしい雰囲気を作り出すことができます。

ただし、グレイッシュトーンとダークトーンの組み合わせが暗すぎると、配色が暗くなりすぎることがあるため、異なる視点から、どのような色の組み合わせが「秋」の印象を与えるかを紹介します。

色の組み合わせを活用して、「秋」をイメージしてみましょう!

​1​ 夏の終わりから秋の始まりにかけて、明るい色合いが特徴です。ピンクの花びら、自然を連想させる緑、秋空を思わせる青色を組み合わせて、コスモスのような雰囲気を作り出すことができます。

​2​ 秋に関連する食べ物の代表的な色合いは、秋の雰囲気を鮮明に表現してくれます。これらの食材は、見た目の色も秋を思い起こさせてくれます。

​3​ 秋が深まる時期には、赤、黄、橙系の色調が特に目立ちます。もみじの表現には、赤色が最も適しています。10月以降になると、広告やイベントにこのような配色が多く用いられます。

​4​ ハロウィンは最近では非常に人気があり、オレンジや紫、黒などの配色がよく用いられます。これらの色合いに、鮮やかな黄色やピンクを加えると、ポップで華やかなイメージに仕上がります。

秋の配色は、春と夏とは異なり、やや暗めの色調を考えることで、秋の雰囲気を簡単に作り出すことができます。ただし、暗すぎる色を避け、秋らしい穏やかな雰囲気を保つように心掛けましょう。

いかがでしょうか?秋は季節の色だけでなく、落ち着いた雰囲気の色合いとしても活用できる季節です。ぜひご参考にしてください!


Comentarios


アートボード 22.png

ご利用ガイド

bottom of page