top of page
アートボード 22.png

お知らせ

『書体』と『フォント』の違いって何?

似ているようでちょっと違う!『書体』と『フォント』の基礎知識

"こんにちは。

グラフィック事業部の一員として、ご挨拶申し上げます。

『書体』という言葉や『フォント』という表現、皆さんも一度は耳にしたことがあるかと思います。これらの言葉は、文字を用いたデザイン制作の現場において欠かせない概念ですが、実際に何を指すのか、その違いについて疑問を抱いたことはありませんでしょうか?

今回は、『書体』と『フォント』について簡単に説明いたします。

『書体』について 『書体』は、特定のデザインで統一された文字のスタイルや形状の集まりを指します。書体には大きく分けて以下の4つの主要なカテゴリがあります。

【和文書体】:明朝体、ゴシック体

【欧文書体】:セリフ体、サンセリフ体


和文書体は、文字が仮想ボディと呼ばれる正方形の枠内に収まるようデザインされています。代表的な和文書体には、右端や右肩に山(うろこ)がある『明朝体』や、タテヨコの太さが均一で角ばった『ゴシック体』などがあります。また、和文書体には『篆書・隷書・楷書・行書・草書』などの毛筆書体も含まれます。

『明朝体』は繊細な文字でありながら、小さな文字でも読みやすい特徴を持ち、一方で『ゴシック体』は線の太さが均一でシンプルなデザインに適しています。

欧文書体は、文字をベースラインに揃える方法で作成されています。代表的な欧文書体には、縦線が太く'セリフ'(飾り)を持つ『セリフ体』や、線の太さが均一でセリフのないしっかりとした印象の『サンセリフ体』があります。また、筆記体の中には'Script体'(スクリプト体)なども含まれます。

面白いことに、欧文書体に登場する「サン」は「ない」を意味し、一方の「セリフ」は「ウロコ」を指します。欧文書体は覚えやすい特徴を持っていますね!

和文書体と欧文書体は、デザイン方式は異なりますが、明朝体とセリフ体、ゴシック体とサンセリフ体が似た特徴を持つことがよくあります。ただし、和文書体での「ゴシック体」は、欧文書体において「ブラックレターゴシック体」を指すこともある点に注意が必要です。

『フォント』について 『フォント』は、コンピュータ画面の表示や印刷物に用いられる書体そのものを指します。フォントは多種多様で、それぞれに名前が付けられています。文字の形状の違いによってフォントが区別され、同じフォントでもさまざまなスタイルが存在します。

『和文フォント』には、EL(エキストラライト)、L(ライト)、R(レギュラー)、M(ミディアム)、B(ボールド)、H(ヘビー)などのスタイルがあります。

『欧文フォント』では、レギュラー(標準)、ボールド(太字)、イタリック(斜体)など、『フォントファミリー』という形でスタイルが分類されています。

和文フォントも欧文フォントも、細いフォントは女性的で繊細な印象を与え、太いフォントは男性的で力強い印象を与えることが一般的です。ただし、文字の形状に関する用語や記号はフォントによって異なります。

まとめ 『書体』は、文字のデザイン方式を指し、骨格、エレメント、字面(じづら)に基づいて文字を作成する方法を示します。

一方、『フォント』は、書体を具体的に表現し、文字を印刷や表示するための手段です。

これらの用語には技術的および歴史的な違いがあるものの、現代では一般的にこれらの言葉は同じ意味で使用されることが多く、混同されることもあります。しかし、書体やフォントの特徴を活かすことは、視覚的な印象を大きく左右する重要な要素であることをお忘れなく。

デジタル制作現場では、マウス一つで文字を変更できるため、書体やフォントの違いをあまり気にしないことがあるかもしれません。しかし、適切な書体とフォントを選ぶことは、デザインの品質を向上させるために重要なスキルの一つです。

どうぞお役立てください。"

Comentários


アートボード 22.png

ご利用ガイド

bottom of page