top of page
アートボード 22.png

お知らせ

【Illustrator】パンク・膨張を使ったお花の作り方♪

とっても簡単!Illustratorでお花を作ってみましょう♪

こんにちは、グラフィック事業部です。

とうとう7月がやってきましたね。これからますます暑くなる季節ですので、日傘、日焼け止め、帽子などの夏の必需品を手に入れて、暑さに備えましょう!

さて、今回はタイトル通り、パンク・膨張を駆使してかわいらしいお花を作る方法を紹介したいと思います。

まず、『パンク・膨張』とは、選択したオブジェクトのアンカーポイントを凹ませたり膨らませたりできる機能です。

それでは、手順を追って説明しましょう!



楕円形ツールを使用して正円を作成します。


作成した正円を選択し、ウィンドウ内の『効果』から『パスの変形』の中の『パンク・膨張』を選択します。


『パンク・膨張』の設定が表示されたら、真ん中の三角を膨張の方向にカーソルを動かします。


これで、かわいらしいお花が完成しました!


​1​図はお花を回転させてできたものです。

簡単でしょう?今回は膨張率を19%に設定してみました。

これらの手順を覚えたら、さまざまな種類のお花を作成できます。正円だけでなく、多角形ツールやスターツールを使用することもできます。また、アンカーポイントツールを使用して正円にアンカーポイントを追加したり、膨張率を調整したりすることで、バリエーション豊かなお花を作ることができます。

どんなちょっとしたアレンジでも、さまざまなお花が生まれるので、ぜひ試してみてください。

いかがでしたか?チラシのワンポイントや装飾として活用するのも素敵ですね。

Comments


アートボード 22.png

ご利用ガイド

bottom of page